副業する理由

私が副業する理由の一つに、医療費を確保する、という目的があります。

先端医療を知っておく

先日、新たに保険の更新をしました。

もし、ガンにかかった時、重粒子線などの先端医療を、月数百円の加算額だけで、2000万円まで受けられるという保険です。

先進医療に係る必要は、一回数百万円だったりしますが、全額自己負担なので、これはかなりお得でしょう~^0^!

 

もちろん、重粒子線治療でも、得意なガンとそうでなものはありますが、治癒率と身体への負担が全然違うので。

 

そこで、読者の皆さんのために、先進医療の知識を私も仕入れたので、ご紹介しましょう。

 

先進医療に係る費用は、全額自己負担。

先進医療に係る費用は、医療技術の種類や医療機関によって異なります。

だいたいの平均額は以下のとおりです。

調査した機関と時期によって端数も変わると思いますけれど、だいたい相場はこんなもんだくらいに考えてください。

ただ、この料金は多分1回分の技術料金でしょうから、数十回やるとなると、いったいいくらかかるのか見当がつきませんね。

 

・重粒子線治療 303万6,829円

・陽子線治療 258万5,912円

・樹状細胞および腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法 89万3,500円

・骨髄細胞移植による血管新生療法 29万4,037円

・多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 51万3,167円

 

こちらの部分については、高額療養費制度は、適用されていません。

一般治療と併せて行うので、そちらはもちろん保険適用ができます。

 

例えば、公的医療保険の被保険者(70歳未満、月収53万円未満、住民税課税世帯)で、1カ月の総医療費が100万円、うち、先端医療費が20万円(ちょっと低いかな)だった場合、

(1)20万円は全額患者負担。

(2)残りの80万円のうち、7割(56万円)が公的保険から給付。3割(24万円)から高額療養費制度により15万2,570円がバックされる。差し引き85,430円が自己負担。

(1)+(2)により、患者負担は、28万5,430円 となります。

 

とにかく、まだ保険適用になっていないので、(というか、これが全部保険適用になったら、国家財政は破綻します~。だから私は、ならない~!とみていますー!)資金の準備をしておかないと大変です。

 

今さらですが、健康かどうかは、遺伝は仕方ないと思いますが、運ではないんですよ。

健康な身体はある程度作ることが可能なのですから。

 

周囲からの情報があるにも関わらず、ある意味自分にラクな生活を通した結果、病気になってしまったら、それは仕方ないことだと思います。

 

そうした結果を招いた方が、先端医療も保険適用して!みたいなことを言うのは、おかしいですよね。

 

平成25年度の国民医療費は40兆610億 円、前年度の39兆2,117億円に比べ8,493 億円、2.2%の増加となっています。 人口一人当たりの国民医療費は31万 4,700円、前年度の30万7,500円に比べ2.3 %増加しています。

 

国全体のことなんて規模が大きすぎて、自分には関係ない、なんて思わないでくださいネ。国家予算が破綻したら、医療費は100%自己負担ですから。

だから、副業しはないと心配なんです!

では、またお会いできることをお祈りして..。.:*・OLショコラ

ps.副業に役立つこんなお宝サイトもあります。↓ ↓

月刊副業

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

管理人:OLショコラ ・*:.。.:*・

管理人:OLショコラ ・*:.。.:*・

応援ヨロシクお願いいたします~★★ ↓ ↓

社内下克上~副業で社長の2倍稼ぐ!

登録された方には、私から
「アフイリエイトに役立つ
テンプレート12選」
をプレゼントいたします☆☆~

最近の投稿

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート【FMテンプレート】

カテゴリー